スタッフブログ

2021年01月12日(火)おそうじ雑記

お掃除道具のお手入れ

お正月気分も明け、日常のペースに戻ったところで、大掃除で活躍した掃除道具に感謝を込めて、お手入れをしてみてはいかがでしょう。
お掃除道具が汚れていたり、隠すようにしまっているとお掃除が億劫になってしまいます。
キレイな掃除道具なら、効率も上がり、気持ちよく掃除ができます。

 

〇掃除機
お手入れが必要な掃除道具で、まず思い浮かぶのはやはり掃除機でしょうか。
水洗いできるモノは、水洗いをし、しっかり乾かしましょう。
丸洗いはムリでも、取り外せるパーツのホコリや汚れを、スキマ用のブラシで掻き出します。
ノズルから気体を放出しホコリを吹き飛ばすエアダスターという商品もあります。
(水洗いの不可、パーツ取り外しの是非は、取り扱い説明書を確認してください)

 

〇ふきん
ふきんをまとめて煮沸消毒。
洗濯をしているのに臭う!と感じたら試してみてください。
大きな鍋にお湯を沸かし、塩素系漂白剤を入れてふきんをつけ込みます。
(お湯2リットルに対し、漂白剤は大さじ1が目安です)
2~3分煮沸したら、冷めるまで放置。
その後は、水ですすぎ→脱水→干します。
臭いも汚れもすっきりしますよ。

 

その他、洗えるタイプのモップや、キッチンスポンジ、洗濯機のパーツなども、
日頃お世話なっている掃除道具をキレイにしてみてはいかがでしょうか。
「これはどんなお手入れをすればよいのだろう」と調べてみるのもおすすめです。
道具にも愛着が湧けば自然と手入れができるようになりますね。

一覧へ戻る

Page Top