スタッフブログ

2020年09月01日(火)おそうじ雑記

こそうじ

#こそうじ #小掃除 とアップされている投稿をよく見かけます。
以前から気になったいた「こ・そうじ」という言葉や投稿を、改めて調べてみました。

 

すると、「気が向いたときに、気が向いたところをお掃除する」と、勝手にイメージをしていた私は、やはりずいぶんザックリとした性格なのだと気づきました。

 

みなさんが「小掃除」としているおそうじは、
・汚れを溜めまらないように、毎日少しずつお掃除すること
・所要時間は15分以内、難しい掃除用品も使わず、できるだけハードルを下げて、毎日の習慣になるようにすること
「小掃除」の「こ」は、「こまめなお掃除」の「こ」なのかもしれません。

 

さらに、習慣づけるコツとして
・掃除道具は使いやすく、手に取りやすい場所に置くこと
・掃除をしやすい環境づくりをすること。
・がんばりすぎないこと
などなど、「自分にとって無理のないお掃除習慣」と言えるのかもしれません。
また、汚れたからする掃除、ではなく、汚れる前にする掃除、
汚れる前だから簡単に無理なくできる掃除、ということなのだとわかると、賢い習慣だと感心してしまいました。

 

 

ところで、「小掃除」に相対する言葉としては「大掃除」になるのでしょう。
「大掃除」は、ご存知のように昔からある言葉と習慣で、年末にすること、というイメージが強いですが、
最近では、必ずしも12月末に長時間まとめて行うのではなく、数日に分散して行ったり、かける時間も短くなったという調査結果もあるようです。

 

簡単に言えば、ふだんからの「小掃除」が増え、「大掃除」が減る、というように、ライフスタイルや考え方の変化と共にお掃除習慣も変化しているのでしょう。

一覧へ戻る

Page Top