スタッフブログ

2021年08月24日(火)時事の話題から

上半期の餃子ランキング

総務省が発表した家計調査によると、2021年上半期の餃子購入額における市町村別ランキングで宮崎市が第1位になったということです。

 

当社が位置する浜松市は2位、そして浜松市と毎年のようにトップの座を争う宇都宮市は6位でした。
世帯当たりの購入金額では、宮崎市は2,150円、浜松市は1,758円、3位の千葉市は1,695円ということですから、1位と2位の差が大きいことがわかります。
では、これまでと比べて、浜松市の購入額が減ってしまったのかというと、昨年同時期対比で236円増えているのだそうです。それを上回る宮崎市のここまでの結果は、圧倒的だと言えます。

 

実は宮崎市、昨年の上半期でも第1位だったのですが、年間では3位になってしまったという苦い経緯があります。
そこで、「今年こそは、年間1位を獲得する」と意気込み、宮崎市餃子協議会を結成し、「餃子のまち宮崎」になることを目指しているとのことです。

 

コロナの影響で、観光産業も外食産業も落ち込んでいる中、このダントツのランキング1位には必死の思いが伝わってきます。

 

コロナ禍でも、少しの変化にチャンスを見つけ、それを広げようとする人たちの成果にも思えます。
暗いニュース、落ち込む事態が多い日々ですが、その中にあるわずかなチャンスを見落とさないようにしたいものです。

一覧へ戻る

Page Top