スタッフブログ

2021年05月11日(火)時事の話題から

二刀流

大谷翔平選手の活躍が止まりませんね。

 

その名前から、「ショータイム」という言葉がメジャーリーグの実況から耳に入ります。
二刀流という言葉は、どうなのでしょう。
米国でも使われることはあるのでしょうか。

 

日本語でありながら、世界語になった言葉が幾つかあります。
例えば、寿司。
英語に訳されることなく「sushi」と呼ばれているのは、その食べ物だけでなく、
日本が世界に認められた証なのだと思えます。

 

バッターとしても、ピッチャーとしても活躍する。
今や、二刀流という言葉の意味は、このことを示すようになってきていますね。
大谷翔平選手がそのことを実証した後には、これを目指す野球少年たちが、そしてメジャーリーガーが生まれ、二刀流が世界語になったとすれば!?
想像するだけで、わくわくしてしまいます。
日本人として、誇らしく感じられます。

 

 

大谷選手はもちろんながら、野球という競技においても、自分自身の日常とは特につながりはありません。
それでも、不思議なことに彼の活躍をニュースで見聞きすると、明るい気持ちになれます。

 

その童顔で親しみやすい笑顔から、失礼ながら、いつも「くん」付けで呼ばせていただいています。
今日の大谷くんはどうだろう?

 

ガンバレ大谷翔平!

一覧へ戻る

Page Top