スタッフブログ

2021年12月07日(火)おそうじ雑記

大掃除事情2021

新型コロナウイルスの感染が拡大し、生活スタイルに規制がを伴うようになってから、2度目の師走になりました。
12月になると「大掃除」に意識が集まることもあって、様々なところで大掃除に関しての調査結果が発表されます。

 

アンケートなどのサンプル対象によって、その結果には多少の違いが見られるものの、コロナ前とコロナ後の大掃除事情に違いが生じているという点が、いずれの調査結果にも共通しています。

 

大掃除をする人の割合は、コロナ前は5割前後だったのが、コロナ後は1割増えて6割ほどに。
また、コロナ後は11月後半から大掃除を始める人が増え、コロナ前よりも早まっている、ということです。

 

必ずしもそうではないかもしれませんが、掃除というものは、やらないと放置してしまい、やり出すと習慣化したり、気になって続ける、そんな傾向があるようにも思います。
おうち時間が増える⇒家の中の汚れ・菌が気になる⇒お掃除をする⇒それが続く⇒大掃除も早めに、それまでより広範囲になる
このようなことがコロナ前とコロナ後の調査結果に反映されているのではないかと思う点もあります。

 

国内の新型コロナウイルスの感染者数の少ない日が続いています。
このまま終息してほしいものですが、その時にお掃除の習慣はどうなるのでしょう。

一覧へ戻る

Page Top