スタッフブログ

2021年11月30日(火)時事の話題から

店舗展開数

道の駅が全国で約1200箇所となり、20年前に比べて約2倍になったというニュースがありました。
この1,200という数量、どのように感じますか?
「言われてみれば、最近、道の駅をよく見かけるようになった」でしょうか?
「それほど多くなった気がしない」ですか?

 

全国にある店舗数と比べてみましょう。
セブンイレブン約21,000店
マクドナルド約3,000店
スターバックス約1,600店
ケンタッキーフライドチキン約1,100店
上記の数値を見ますと、道の駅はスターバックスよりも少なくケンタッキーよりも多い、ということになります。

 

それぞれの店舗の立地は、駅周辺を主としていたり、道の駅のように郊外の幹線道路が中心だったり、様々です。
このことから、その人が頻繁に使う交通手段やよく行く場所、関心のあるお店によって実際の店舗数よりも多く感じられたり少なくとらえている違いがあることでしょう。
営業する側としては、店舗数が多いにこしたことはないでしょうけれど、実際の店舗数よりも多く感じるという立地に店を置くことが成功と言えるのでしょう。

 

それでも、全国に1,000箇所とはどの程度見かけるものなのか、その10倍の全国に10,000箇所になるとどう変わるのか、そのような市場における数値的な感覚を得ておくと役に立つことがあるかもしれません。
「最近、このお店をよく見る気がする」と感じたら、そのお店の店舗展開数を調べてみると、意外な発見や新たな興味に繋がると良いですね。

 

ちなみに、店舗ではありませんが、郵便局は全国にどれほどあると思いますか?
上記の数値で比べると、マクドナルドよりも多い?セブンイレブンよりも少ない?

 

郵便局は全国に約24,000あるということです。

一覧へ戻る

Page Top