スタッフブログ

2022年06月07日(火)時事の話題から

時の記念日

恥ずかしながら、最近「タイパ」という言葉を知りました。
コストパフォーマンスを「コスパ」と略すのと同様に、「タイパ」は、タイムパフォーマンスの略語だそうです。
タイパを気にする現象として、映画やドラマを2倍速で見る人たちもいるようです。

 

 

電車での移動中も、待ち行列にいる時も、いつもスマホが手にあり、無駄のない時間を過ごす、
そんな生活習慣も影響して生まれた言葉ではないかと推測できます。

 

これとは逆に、ゆったりとした時間を過ごすことにも注目が集まっています。
例えば、時計のないホテル、ひとりキャンプ、など。

 

 

6月10日は、時の記念日です。
この制定には、当時欧米の先進国から「日本人は時間の感覚が乏しい」と評されていたため、時間に関心を持ち、規律正しく効率的な生活を習慣化する啓発の意味があったと言われています。
そんな国が、今や世界一時間に正確な国とも言われ、タイパという言葉が生まれたように、過剰なほど、時間に関心の高い国民になりました。

 

ただ、時間というものは、関心の高い低いに関係なく、どう扱ったとしても、
当たり前のことですが、1分、1時間、1日は誰も同じスピードで過ぎていきます。誰に対しても平等です。
だからこそ、使い方によってパフォーマンスの差が出るとも言えます。

 

 

最近、あなたの時間は、どのように流れていますか。
時の記念日には、時間について見直す日にしてもいいかもしれません。

一覧へ戻る

Page Top