スタッフブログ

2020年11月17日(火)おそうじ雑記

洗剤の効果的な使い方

-洗剤の基本的な使用方法-

 

① 洗剤の量は少し多めに。
 これまで、いろいろ人のおそうじを見てきましたが、洗剤の使用量が少なすぎるケースが多くあります。この結果「この洗剤は汚れが落ちにくい」と決めつけてしまうこともあるのではないかと想像できます。
 使用量の目安としてはシュッ、シュッ、シュッと、洗剤と洗剤の間をなくすくらいがよいでしょう。個人差があることにはなりますが、洗剤の量を普段より多めにするぐらいが適量と言えそうです。
 ちょっと汚れが目立ち始めたなぁと思った時には、使用量を増やすこともオススメします。

 

② 待つ
 洗剤の泡が汚れに付着し、それが適量であっても、洗剤と汚れがなじまなければ汚れを取ることはできません。洗剤表記の「5分ほど置いた後に」という説明書きは、このためです。
 待つだけの5分は、意外に長いので、何か別の家事をすませてくると丁度良いかもしれませんね。

 

洗剤の量も待ち時間も「もったいない」と思ってしまう気持ちもあるとは思います。
けれども、そのために汚れが落ちず、再び洗剤を使用することになれば、それ以上に「もったいない」と言えます。

 

洗剤を効果的に使うためには、量は多め、はやる気持ちを抑えて待つ。
ぜひお試しください。

一覧へ戻る

Page Top