スタッフブログ

2020年08月11日(火)おそうじ雑記

箒(ほうき)は板の間にも、フローリングにも

現代の家には、畳の部屋が少なくなりました。

そのせいもあってか、室内で箒を使うことも、室内用の箒がない家も多いのではないでしょうか。

アズマ工業の快適百貨では、室内で使用する箒を販売しています。

その座敷用箒のご購入先を見ますと-

・柔道場

・料亭

・旅館

などが、名前を連ねます。

なるほど、と思うのは、いずれも畳と結びつく先ですね。

別の見方をすれば、和の文化、風景がある場所と言えます。

調べてみますと、箒というのは、その昔、神聖なものとして扱われていたようです。

掃除道具として広く生きわたったのは、室町時代以降とのこと。

詳しくはこちら≫ホウキの歴史をご覧ください。

その時代、大きなお城には、畳と共にさぞ数多くの箒もあったのでしょう。

と、現代人の浅はかな想像では、このようになります。

ただ実際は、畳が広く普及したのは、江戸時代後期だそうです。

すると、お金持ちのお城には畳もあったかもしれませんが、板敷部屋もあり、畳を施す財がないお城は板の間も多かったとすれば、

そこでも箒が使われていたはずなので、箒は必ずしも畳専用ではないと考えられます。

畳の部屋が少なくなった現代ですが、これとは逆にフローリングのお部屋が増えたことも実感します。

上記のように、歴史を紐解いてみますと、箒は何も畳だけのものではありません。

板の間に箒が用いられていた時代もありました。

板の間とは、つまりフローリングですね。

それに合った箒を使うことで、フローリングに味わい深い艶が生まれます。

「時代はめぐる」と言われます。

板敷から畳になり、その畳が減り、フローリングが増えました。

ロボット掃除機、サイクロン掃除機、の普及が伸びているようですが、箒についても見直してみませんか。

一覧へ戻る

Page Top