スタッフブログ

  • 2021年07月27日(火)時事の話題から

    ピクトグラムと家紋

    オリンピックが始まりました。 その開会式をご覧になっていたでしょうか。   様々な企画、演出、演技がありました。 その中でも特に感心したのは、各競技のピクトグラムを真似るパントマイムでした。 軽快な音楽に合わせて、次々とピクトグラムを表して行くスピード感と工夫は、ハラハラしながらも楽しめました。 オリンピックの各競技を表すピクトグラムは、1964年の東京大会から始まったとのこ…
    記事を見る
  • 2021年07月20日(火)時事の話題から

    売らない店

    売場面積の3割を「売らないテナント」にする、という新聞の見出しに意図せず目が行きました。 ある百貨店の近い将来への対応のことでした。 売らずにどうするのかと言うと、EC関連企業をテナントとして呼び込み、オンラインショップでの販売商品を「紹介する場」にするということです。 百貨店は、コロナなど様々な影響から売上が落ち込み、何らかの施策を行う必要がある中、これもそのひとつと言えるのでしょう。 …
    記事を見る
  • 2021年07月13日(火)おそうじ雑記

    掃除機の普及

    今でこそ、当たり前のように各家庭にある掃除機。 これが世に出た頃、なかなか普及しなかったようです。   昭和40年、掃除機の普及率は30%程度。 その5年後には、テレビや洗濯機、冷蔵庫が、ほぼ一家に一台という普及成長をするのに対して、掃除機は、まだ60%程度の普及率でした。 掃除機が一家に一台の普及と言える90%台の普及率になるまでに約10年の年月を要しています。  …
    記事を見る
  • 2021年07月06日(火)時事の話題から

    た・な・ば・た

    明日、7月7日は七夕です。 ほとんどの人が、当たり前のように「七夕」を「たなばた」と読んでいることでしょう。 でも、その漢字の一文字一文字の読みを組み合わせても「たなばた」と読むことは難しいです。   「七夕」を「たなばた」と読むのは、「棚機津女(たなばたつめ)」という織物を作る道具を扱う女性に由来があるそうです。 中国から伝わった節句のひとつである「七夕」の日に、機(はた)を…
    記事を見る
  • 2021年06月29日(火)時事の話題から

    コミュニケーション情報の欠落

    人と人とのコミュニケーションにおいて、「メラビアンの法則」というものがあります。 情報が相手に与える影響は- 言語:7% 聴覚:38% 視覚:55% -という法則です。 言葉そのものよりも、口調や表情によって伝わり方が違ってくるということを言わんとしています。 例えば、「大好き」という言葉が発せられたとしても、吐き捨てるように、しかめっ面で言われたとすれば、その言葉通りではなく、ネガ…
    記事を見る
  • 2021年06月22日(火)時事の話題から

    チームワークがもたらす結果

    相変異(そうへんい)という言葉を新聞の記事から知りました。 昆虫、中でもバッタに見られる生態の変化だそうです。 簡単に言えば、「群れをなすと強暴になる」という理解が当たるようです。      日本では、あまり深刻なニュースになることはありませんが、 それでも、アフリカでは大量に発生したバッタが農作物を食い荒らすといった被害を聞いたことがあります。 これが相変異によるものだそう…
    記事を見る
  • 2021年06月15日(火)アズマ工業エピソード

    万歩計のススメ

    コロナ禍で運動不足を感じている人も多いのではないでしょうか。 その解消のために「歩くことを心がけてみよう!」ということであれば、万歩計をお勧めします。   当社では、健康管理の一環で社員に万歩計を配り、装着することを推奨しています。 最初は、「こんなもの付ける必要はあるのかなぁ」とネガティブな気持ちで仕方なく装着している人も少なくないと思います。   ところが、万歩…
    記事を見る
  • 2021年06月08日(火)心豊かに

    時の尺度

    このブログ記事を読んでいただいている今は、何時何分何秒ですか? 誰もが同じ時を刻むその基準は、どのように決められたのでしょう。   6月10日は時の記念日。 それにちなんで、“時の尺度“に目を向けてみました。   まず、1日という単位。 これは、日が昇り、次の日が昇るまでということから決められた単位。 ではそれが、なぜ24時間という24に分けて刻まれたのでしょう…
    記事を見る
  • 2021年06月01日(火)心豊かに

    和風月名「水無月」

    今日から6月。 睦月、如月、弥生、と続く和風月名では「水無月」です。   学生の頃、この和風月名がテストに出るからと覚えなくてはならなかった時には、なんとも厄介な名付け方をしたものだと恨めしくもなりました。   雨が多い6月なのに「水無」とはどういうことかと疑問に感じながらも、それを調べることなく、ただただ「6月=水無月」と頭に叩き込み丸暗記しました。  …
    記事を見る
  • 2021年05月25日(火)おそうじ雑記

    カビ取り、カビ防止対策

    今年は、例年よりも早く梅雨がやってきました。 梅雨になると、厄介なことのひとつが「カビ」という人も少なくないでしょう。   当社には、様々なコンテンツがあります。 この時期に合わせて、快適百貨webコンテンツの中から「カビ取り・防止」に関係するものを集めてみました。   カビの胞子を育てないためのお掃除大作戦! ・カビの生態を知ることで対策が理解できます。 &n…
    記事を見る

Page Top