スタッフブログ

  • 2021年07月27日(火)時事の話題から

    ピクトグラムと家紋

    オリンピックが始まりました。 その開会式をご覧になっていたでしょうか。   様々な企画、演出、演技がありました。 その中でも特に感心したのは、各競技のピクトグラムを真似るパントマイムでした。 軽快な音楽に合わせて、次々とピクトグラムを表して行くスピード感と工夫は、ハラハラしながらも楽しめました。 オリンピックの各競技を表すピクトグラムは、1964年の東京大会から始まったとのこ…
    記事を見る
  • 2021年07月20日(火)時事の話題から

    売らない店

    売場面積の3割を「売らないテナント」にする、という新聞の見出しに意図せず目が行きました。 ある百貨店の近い将来への対応のことでした。 売らずにどうするのかと言うと、EC関連企業をテナントとして呼び込み、オンラインショップでの販売商品を「紹介する場」にするということです。 百貨店は、コロナなど様々な影響から売上が落ち込み、何らかの施策を行う必要がある中、これもそのひとつと言えるのでしょう。 …
    記事を見る
  • 2021年07月06日(火)時事の話題から

    た・な・ば・た

    明日、7月7日は七夕です。 ほとんどの人が、当たり前のように「七夕」を「たなばた」と読んでいることでしょう。 でも、その漢字の一文字一文字の読みを組み合わせても「たなばた」と読むことは難しいです。   「七夕」を「たなばた」と読むのは、「棚機津女(たなばたつめ)」という織物を作る道具を扱う女性に由来があるそうです。 中国から伝わった節句のひとつである「七夕」の日に、機(はた)を…
    記事を見る
  • 2021年06月29日(火)時事の話題から

    コミュニケーション情報の欠落

    人と人とのコミュニケーションにおいて、「メラビアンの法則」というものがあります。 情報が相手に与える影響は- 言語:7% 聴覚:38% 視覚:55% -という法則です。 言葉そのものよりも、口調や表情によって伝わり方が違ってくるということを言わんとしています。 例えば、「大好き」という言葉が発せられたとしても、吐き捨てるように、しかめっ面で言われたとすれば、その言葉通りではなく、ネガ…
    記事を見る
  • 2021年06月22日(火)時事の話題から

    チームワークがもたらす結果

    相変異(そうへんい)という言葉を新聞の記事から知りました。 昆虫、中でもバッタに見られる生態の変化だそうです。 簡単に言えば、「群れをなすと強暴になる」という理解が当たるようです。      日本では、あまり深刻なニュースになることはありませんが、 それでも、アフリカでは大量に発生したバッタが農作物を食い荒らすといった被害を聞いたことがあります。 これが相変異によるものだそう…
    記事を見る
  • 2021年05月11日(火)時事の話題から

    二刀流

    大谷翔平選手の活躍が止まりませんね。   その名前から、「ショータイム」という言葉がメジャーリーグの実況から耳に入ります。 二刀流という言葉は、どうなのでしょう。 米国でも使われることはあるのでしょうか。   日本語でありながら、世界語になった言葉が幾つかあります。 例えば、寿司。 英語に訳されることなく「sushi」と呼ばれているのは、その食べ物だけでなく、 …
    記事を見る
  • 2021年05月04日(火)時事の話題から

    いつから休み?

    「5月4日は、休みじゃない頃もあったよね?」 などと、さりげない会話の中で、ふと、そんなことを言ったりしていませんか?     5月4日に学校へ行ったような、そんな子供の頃の記憶があるとすれば、 おそらくは40代以上の人だと言えます。   5月4日が祝日になったのは、1986年だそうです。 5月3日の憲法記念日と5月5日のこどもの日にはさまれ、 …
    記事を見る
  • 2021年04月27日(火)時事の話題から

    コロナ渦の犬たち

    コロナ渦でペットである犬の行動に変化があったと感じる飼い主が5割ほど、という記事がありました。 おうち時間が増えたことで、犬の行動にも影響出ているという主旨の内容でした。 この調査の前提は、家の中で暮らす犬たちが対象になっているようです。   もう何年も前のこと。 家の中で暮らす犬の皮膚病などをはじめとしたトラブルに対して、獣医師が、こんなことを言っていました。 犬は、そもそ…
    記事を見る
  • 2021年03月16日(火)時事の話題から

    クイーン

    2020年のゴールドディスク大賞が発表されました。 インターネットでの音楽配信が盛んになったことで、CDを買うことが少なくなった昨今では、その売り上げ枚数も落ちている中で、邦楽部門では嵐が、アルバム約100万枚の売上、洋楽ではクイーンがアルバム約90万枚の売上で受賞しました。 フレディ・マーキュリーの没後に映画化がされたとはいえ、それでも今になってクイーンが3年連続1位というのは驚きます。 …
    記事を見る

Page Top